40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

薄毛を治したいならプロペシア

薄毛治療を始めて今日で1年2ヶ月になります。

治療前の頭皮の写真です。
f:id:usugeman:20170819020109j:plain

本日の頭皮の写真です。
f:id:usugeman:20170819020250j:plain

明らかに髪が増えています。

ここまで回復できたのは、やはりAGA治療薬のおかげでしょう。

育毛剤やマッサージだけに頼ってた頃は、髪がとんどん少なくなる日々でした。

育毛剤も最初は安くて手頃なのから使い始め、
最終的には5、6000円するようなやつまで使用しました。

しかし、育毛剤にいくらお金をかけても髪は生えません。

何故でしょうか?

それはAGAは病気のようなものだからです。

育毛剤自体は、頭皮を健康にしてくれる成分が入っていますが、
薄毛を治療する薬ではないからです。


フィナステリドの重要性

では、薄毛を治療する薬とはなんでしょうか?

日本ではプロペシアが有名です。

恐らく薄毛治療で病院にかかれば、
10中8、9、プロペシアを処方されます。

髪が薄くなってきたと感じた時に皆さんどうされますか?

ほとんどの人が市販の育毛剤に手を出すと思います。

運良くミノキシジル配合の育毛剤を使ったとしても、薄毛は進行していきます。

何故なら、AGAによる抜け毛はフィナステリドでしか抑えられないからです。

プロペシアに含まれるフィナステリドにはDHTという男性ホルモンを抑え、
ヘアサイクルを正常に戻す作用があります。

ヘアサイクルが正常になれば、髪が成長し、
AGAによる抜け毛も抑制出来るのです。

髪が細くなり始めたり、頭皮が透けて見えるようになったらAGAを疑いましょう。

AGAは生え際からくるM字型、頭頂部が薄くなるO字型、
この二つが同時に進行する複合型等があります。

特に生え際が薄くなってきたら早期対策が重要になります。

M字型ハゲは回復が困難な為、まだ髪があるうちに対策しましょう。

ただ、プロペシアは保険が効きません。

病院で処方薬してもらうと大体1ヶ月9000円程度が薬代です。

それに診察料などいれると、なかなか手が出ない人もいると思います。

でも、今はジェネリック医薬品というものがあり、
オオサカ堂などで格安で購入できます。

最初は不安もあると思いますが、まだ治療に踏み切ってない方は絶対飲むべきです。

とにかく薄毛治療は早ければ早い程回復が早くなります。