40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

抜け毛の種類について

8月も下旬に入り、まだまだ暑い日が続きますね。

頭皮を健康に保つ為、シャンプー前のシャワーの時間を増やしてます。

やはり、髪を育てる為には頭皮の健康状態を良くするのが大事です。

この時期になると、私は若干抜け毛が増えてる印象があります。

ところで、抜け毛に種類があるのをご存じでしょうか?

まず、正常な抜け毛というのは、マッチ棒のような形をしており、
毛根が丸く膨らんでいます。

このような抜け毛なら多少多くても心配いりません。

毛根の膨らみがなく細かったり、
毛根の先にヒゲのような物がついてたりする場合があります。

そういった抜け毛は髪の毛が寿命を全うせず、成長途中で抜けていった毛です。

毛根が黒い抜け毛も要注意です。

毛根が黒い抜け毛は、髪に栄養がいってないために起こります。

AGAが原因の場合や血行不良が原因の場合もあります。

薄毛がひどくなると、髪の毛が細く短い毛が抜けていきます。

段々と細く短くなり、毛根のない抜け毛が増えていきます。

最終的には産毛同然のような抜け毛が増えていき、
その頃にはどこから見てもハゲになっているでしょう。

私がそうでした。

今、現在では、産毛のような抜け毛はほとんどなくなりました。 

相変わらず細くて短い抜け毛も多いですが、以前と比べると格段に減りました。

考えると、薄毛初期の頃の処置がいかに大切か分かります。

分かりやすく言えば、癌に例える事が出来ると思います。

ステージ1で治療を始めた時と、ステージ4からの治療では、完治する確率が天と地です。

私は薄毛末期から治療を始めた訳ですが、必ず全快しようと心に決めています。

絶対に諦めない事が大事です。

薄毛は諦めた時が治療の終わりです。

若かった時の前髪の感触をもう一度取り戻したいと思います。