40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

毛細血管を増やすと髪が生える

AGA治療開始前の頭皮の状態
[2016年7月撮影]

AGA治療開始から2ヶ月経過
[2017年9月撮影]


今回は頭皮の毛細血管の役割について書きたいと思います。

髪に送られる栄養というのは、頭皮に張り巡らされている毛細血管を通って送られます。

毛細血管の数が減少すると髪が栄養不足になり、髪の毛が痩せ細ってしまうので薄毛になるということです。

また、毛細血管が詰まると血液の循環が悪くなることで髪が育たなくなります。

頭皮の血行促進に役立つマッサージですが、やりすぎると返ってマイナスになるなけともあります。

マッサージのやり過ぎで毛細血管切れるという話は聞いたことがある人もいると思います。

力の入れすぎや過度のマッサージは毛細血管を傷つけます。

切れた毛細血管は元に戻ることはないのでしょうか?

実は毛細血管は増やすことができるのです。


お風呂で温まると毛細血管が増える

毛細血管の画像

有酸素運動と聞くとダイエットを思い浮かべる人も多いと思いますが、頭皮の毛細血管を増やす効果もあるんです。

有酸素運動にはウォーキングや縄跳びなど様々な方法があります。

外に出てやる運動はなかなか続かないのが難点ですよね。

室内で出来て、毎日行える有酸素運動があります。

私がオススメするのは半身浴です。

毎日無理なく続けることが1番大事なことなので、お風呂だったら確実に続けていくことが出来ると思います。

お湯はお腹くらいまで溜めて、40℃くらいのぬるめのお湯に30分程度浸かると効果的です。

私は夏場はシャワーだけだったので、早速湯船に浸かるようにしています。

30分くらい入っていると頭皮からもかなりの量の汗をかきます。

頭皮の血行はもちろん良くなり毛細血管も修復され、育毛効果が得られると思います。


シナモンは毛細血管を甦らせる

粉々になったシナモン

毛細血管は食べることで増やすことも出来ます。

毛細血管を増やす代表的な食べ物に『シナモン』があります。

漢方では『桂披』と呼ばれ、シナモンが持つ成分は体に良いとされてきました。

シナモンには毛細血管を蘇生、増殖させる効果があると言われています。

他にも血管拡張作用や血行促進など髪に良い作用が認められており、育毛に非常に有益な食べ物なのです。

このように、シナモンには育毛効果が期待できると考えられており、
以前にも育毛に関する論文が発表されたり、テレビでも取り上げられ話題になりました。


他にも、赤身のマグロやカツオにも毛細血管の血流を良くし、毛細血管を再生させる作用があります。

青魚にもDHE、EPAといった血液サラサラ成分が含まれています。

髪の健康に気を配るなら、普段の食生活は野菜と魚を中心にすれば効果的です。


生活習慣の改善が育毛の基本

育毛と言えばマッサージや育毛剤と思いがちですが、やはり普段の生活習慣が一番大切だと感じます。

AGA治療薬だけで薄毛を劇的に改善するのが難しい場合、生活習慣の見直しが非常に重要になってきます。

毎日の生活の中で育毛に効果があることを心がけていれば、薄毛の改善に繋がると感じている次第です。