40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

ポラリスからフォリックスへ

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、
『ポラリスシリーズ』が製造中止になり、
代わりに『フォリックスシリーズ』がリリースされます。

ポラリスというのは、ミノキシジル配合の育毛剤です。

このポラリスはかなり優秀な育毛剤で、
日本で発売されているリアップがミノキシジル5%に対し、
ポラリスはミノキシジル2%~16%まであります。

ミノキシジルは、成分量が多ければ多い程発毛させる力があると言われています。

ミノキシジル含有量だけでもポラリスのすごさが分かります。

そこで、ポラリスに変わる育毛剤がフォリックスなのです。

ポラリスとフォリックスの違い

ポラリスからどう変わったか、成分をまとめて比べてみました。

ポラリスNR11はミノキシジル12%、
フォリックスFR12もミノキシジル12%とミノキシジル含有量は同じです。

両方の育毛成分で共通しているのがこちらです。


フィナステリド・アルファトラジオール・ミリストイルペンタペプチド-17・パントテニルエチルエーテル・イノシトール


ポラリスNR11に配合されてなく、
フォリックスFR12独自に配合されている成分です。

アデノシン・アゼライク酸・銅ペプチド・アセチルシステイン・トコフェロール酢酸エステル


アデノシン

アデノシンは、有名な育毛剤のアデノゲンに配合されてる育毛成分ですね。

成長因子FGF-7が毛乳頭に働きかけ、
発毛を促す効果があるとされています。


アゼライク酸

アゼライク酸は、AGAの原因であるDHTを抑える成分です。

アゼライク酸は1型の5αリダクターゼに有効です。

つまり、M字ハゲや前頭部の薄毛に育毛効果があります。


銅ペプチド

5αリダクターゼの不活性化に有効な成分です。

ミノキシジル2%と同等の効果があるとも言われています。


他にも様々な成分が、ポラリスよりも多く含まれています。

ポラリスシリーズの強化型の育毛剤とも言えます。

詳しい情報はこちら
↓↓↓

治療経過の写真です。
↓↓↓
f:id:usugeman:20170927003935j:plain

f:id:usugeman:20170927003952j:plain

ダーマローラーの赤みがひいてきました。