40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

皮膚科で処方される育毛剤

オオサカ堂に注文していたアロビックスが届きました。

f:id:usugeman:20170930070347j:plain

こんなやつです。

緑色の液体が入っています。

アロビックスというのは、フロジン液のジェネリック医薬品になります。

主に円形脱毛症などに用いられます。

薄毛治療のため、AGA専門以外の病院や、皮膚科で処方される外用薬です。

特に皮膚科では昔から処方されるスタンダードな育毛剤です。


フロジン液の育毛効果

フロジン液の育毛成分は塩化カルプロニウムです。

塩化カルプロニウムは血管拡張作用があり、
血流を良くし発毛を促進します。

血流拡張作用で発毛と言えば、ミノキシジルがありますね。

ミノキシジルとフロジン、どちらが育毛の効果が上かというと、
ミノキシジルに軍配が上がります。

実際、日本皮膚科学会のAGAに関する推奨度では、
ミノキシジル A
フロジン液 C1
と、なっています。

ただ、頭皮の痒みや、かぶれ等の副作用はミノキシジルより安全です。

私がアロビックスを購入者した理由は、副作用の心配ではなく、
フロジン液の口コミに惹かれたらです。

なんと、フロジン液を使うと頭がぽかぽかしてくるみたいです。

ミノキシジル配合の育毛剤を使用した事はあるのですが、
頭がぽかぽかするような事はなかったと思います。

頭皮の温度を感じられるくらいなら、育毛はもちろん、
頭皮環境を良くしてくれると思ったからです。

実際に使ってみての感想ですが、アロビックスを頭皮に塗って、
しばらくマッサージしてると、確かに頭皮がぽかぽかしてきました。

「うん!これは効いている!」と、思えますね。

フロジン液に速効性はないので、
3ヵ月以上は継続しないと発毛は実感できないみたいです。

気長に続けていこうと思います。

頭皮が暖かくなるだけでも、なんか嬉しいですし。

フロジン液のジェネリック医薬品はこちら
↓↓↓