40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

アートネーチャーに騙された件

育毛についてネットで記事を漁っていたら、懐かしい記事を見つけました。

平成18年ののリーブ21の訴訟事件です。

3年通えば必ず髪が生えると言われた男性が、4年間通い続け効果が出ず訴えたのです。

男性は830万円の損害賠償を求めますが、
最終的には施術代の9割に当たる430万円をリーブ21側が支払うことで和解しています。

この記事を読んでいて20代前半にアートネーチャーに行っていたことを思い出しました。

当時、私はコンビニでバイトをしていました。

私の髪は、まだフサフサではありましたが、髪は細く柔らかく、
自分でも将来ハゲるのではと思い、育毛剤やらマッサージやらで抵抗していました。

その反面、薄く見えないように髪を金髪に染めて、
髪型もマッシュルームヘアにしていました。

その頃付き合っていた彼女に、「髪、細いね、将来ハゲるよ」と言われた事がきっかけで、アートネーチャーに行く事になりました。

当時の彼女が冗談半分だったのは分かっていたのですが、
それでも何とかしないとヤバいと思う気持ちが勝ってしまったのです。


アートネーチャーの詐欺商法

もう20年以上前になるのですが、はっきり覚えています。

駅前にあるアートネーチャーに、自転車でこそこそ入っていきました。

f:id:usugeman:20171110071333j:plain

最初にアートネーチャーのカウンセリングに、
髪が細くて心配だということを話しました。

「頭皮の具合を見てみましょう。」と、
マイクロスコープで頭皮の写真を見せてもらいました。

カウンセリング「毛穴が詰まっていますね。」

カウンセリング「このままでは髪が育ちません。」

「このままだとハゲますか?」

カウンセリング「可能性は高いですね。」

それで、すぐ契約の話になりました。

金額はあまり覚えてないのですが、
100万くらいは言われたと思います。

さすがに、その金額を聞いて躊躇してしまい考え込んでいると、

カウンセリング「若い大学生も来てますよ。」

カウンセリング「ローンで無理なく払えます。」

カウンセリング「薄くなってからでは手遅れですよ。」

最終的に、
カウンセリング「ハゲてもいいんですか?」

この言葉で完全に落ちてしまいました。

私は、必ず生えるなら契約する旨を伝えました。

カウンセリングは「生える!」と、はっきりと言いました。

しばらく、アートネーチャーに通い施術をしてもらっていました。

施術と言っても、ヘッドスパとか育毛剤の塗布とか、マッサージ程度です。

毎回通っていると、いろいろな機器を売り付けてきたり、増毛を進めてきたりしました。

私も押しに弱く、結局訳の分からない低周波を出す機械を買い、
まだ髪があるのに増毛をしました。

そして、ある日衝撃的な事を言われました。

技術士がカツラを勧めてきたのです。

さすがに私もカツラまで必要としていなかったので断りました。

すると、技術士が「将来のために購入した方がいいですよ。」

唖然としました。

だって、髪が生えると言って契約したのですから。

私はその時初めて騙された事に気づきました。

人のコンプレックスに付け込んで、嘘八百を並べて契約させるなんて。

最終的に200万近く払うことになりました。

アートネーチャーやリーブ21、アデランスの類いだけは信用してはいけません。

髪も金も失うだけです。

この話はブログに書くのも嫌なくらいトラウマですが、
同じ悩みを持つ同士が私のような思いをしないように書きました。

皆さん、高いお金が出せるなら植毛した方がましですよ。

これからも育毛頑張りましょう。