40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

フォリックスFR16がついに販売開始

待ちに待ったフォリックスFR16が、ついに販売開始されました。

フォリックスFR16は、ポラリスNR10の後継育毛剤にあたります。

ポラリスNR10の特徴として、現在販売されてる育毛剤の中でも、
最高濃度のミノキシジル16%を含有していたところです。

そのポラリスNR10と同じく、ミノキシジル16%含有の育毛剤がフォリックFR16なのです。

もう一つの特徴は、クリームタイプの育毛剤というところです。

クリームタイプの利点として、液だれがなく、
ピンポイントで頭皮に塗ることができます。

それでは早速ポラリスNR10と、フォリックスFR16の育毛成分を比べてみましょう。


ポラリスNR10とフォリックスFR16の比較


フォリックスFR16の育毛成分

ミノキシジル16%・フィナステリド・銅ペプチド・パンテノール・アデノシン・アゼライク酸・プロキャピル(オレアノール酸・ビオチノイルトリペプチド-1・アピゲニン)

ポラリスNR10の育毛成分

ミノキシジル16%・フィナステリド・銅ペプチド・パンテノール・プロシアニジンB2・血管内皮増殖因子(VEGF)・アラントイン・ペプチド複合体・ビタミン複合体

ミノキシジル16%、フィナステリド、銅ペプチド、パンテノール、これらの育毛成分は両方に含まれています。

成分ごとに詳しく見ていきます。


ミノキシジル16mg

血管拡張作用で発毛を促すミノキシジルが、
16%と高濃度で配合されています。

この最高濃度のミノキシジルが、最大の売りです。

フィナステリド

AGAによる抜け毛の原因、5αリダクターゼを抑制し抜け毛を抑制する成分です。

育毛剤にフィナステリドが配合されているため、
内服薬をためらう方には嬉しい成分です。

銅ペプチド

銅ペプチドにも5αリダクターゼを抑制する効果があります。

さらに、毛母細胞を大きくし髪を生やしやすくします。

他にも抗菌作用があり、頭皮環境を整えます。

パンテノール

頭皮の細胞を活性化し、新陳代謝を高め、発毛を促します。


ここまではフォリックスFR16と、ポラリスNR10両方に配合されている育毛成分でした。

ここからは、フォリックスFR16のみに配合されている育毛成分を見ていきます。

アデノシン

血行促進で抜け毛を予防します。

発毛促進因子*を産生して発毛を促進します。

毛根の成長期を延ばし髪を長く太く育てます。

プロキャピル

ミノキシジルと似た成分で、ミノキシジルと同等の効果を発揮すると言われています。

この成分を売りにしている育毛剤もありますが、
高額なためフォリックスFR16に配合されたのは嬉しいですね。

アゼライク酸

アゼライク酸もAGAの原因、5αリダクターゼを抑制すると報告されています。


他にも多数の育毛成分が配合されており、
リポスフィアテクノロジーという技術で育毛剤を頭皮の奥深くまで浸透させます。

ポラリスNR10を凌ぐ育毛剤と言っていいと思います。

内服薬に頼らず外用の育毛剤だけで、
AGAによる薄毛を克服したい方にはうってつけの育毛剤だと思います。