40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

ネットを賑わせた話題の発毛法3つ選んでみた

薄毛の人にとって髪を生やす方法は喉から手が出るほど欲しい情報です。

今までいろんな発毛法がネットを賑わせてきました。

私もいろいろと試してきてはいますが、どうしても長期的に実行してきた方法はありません。

そこで今回はネットで話題になった発毛法を発表したいと思います。(個人的主観で選んでみました。)

本ワサビで髪が生える

f:id:usugeman:20171109042927j:plain

2017年6月、業界最大手の金印が本ワサビの育毛効果を発表しました。

本ワサビに含まれるソサポナリンが、毛乳頭細胞を活性化させ、毛髪をつくるのに必要な栄養などを毛乳頭細胞に送り届けるための毛細血管をつくるタンパク質が増えるとのことです。

さらに、本ワサビの根茎に含まれる6-MSITCをヒトの毛乳頭細胞に投与した実験でも、同様の効果がありました。

この育毛を促す二つの成分は本ワサビにしか含まれず、チューブ入りワサビには含まれていないそうです。

本ワサビというところがポイントですね。

スーパーなどではなかなか生ワサビをまるごと売ってないため、通販などで取り寄せる手間があります。

そして、さすがに頭皮に塗るわけにもいかず、実験では細胞に直接投与した結果ですので食べて発毛に効果があるかは不明です。

カプサイシンとイソフラボン同時接種で発毛

f:id:usugeman:20171109043610j:plain

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで毛乳頭にIGF-1(インスリン様成長因子)が増加し、抜け毛を抑制し、毛髪の成長を促進するといわれています。

IGF-1は、HARG療法や育毛メソセラピーなど、頭皮に直接発毛成分を打ち込むAGA治療にも使用されています。

これも少し前に話題になった発毛法です。

唐辛子などに含まれるカプサイシンと、豆乳などに含まれるイソフラボンを同時接種することにより、発毛効果があると論文で発表されました。

しかし、後日この論文に捏造や不正の疑いがあり信憑性はイマイチです。

イワシを3ヶ月毎日食べ続けたらフサフサになった

f:id:usugeman:20171109044055j:plain

まず、イワシに含まれる栄養素を見ていきましょう。

DHE 老化防止や血管の若返効果がある。

EPA 悪玉コレステロールを抑制したり、血液サラサラ効果があり、新陳代謝を促す効果がある。
コエンザイムQ10 老化防止効果があるといわれている。

実際にイワシ発毛法を写真付きでブログで報告されてる方が結構います。

栄養素は髪に良さそうですし期待しても良いのかなとおもいます。

私が見たブログで報告されてる方は頭頂部が見事に改善していました。

ただ、3ヶ月間毎日イワシを食べ続けるの大変だとは思いますが。

以上ですが、他にも様々な発毛法があります。

全部はさすがに紹介しきれないので個人的に気になる発毛法を紹介いたしました。