40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

薄毛が気になり出したら初期の対応がハゲるかどうかの分かれ目

f:id:usugeman:20171116235403j:plain
[2016.10 撮影]

私のこの薄毛は、20代前半から40歳過ぎる頃まで放置していたせいでハゲた訳ですが、
髪が薄くなり始めた時の対応を誤らなければ、
今ごろはフサフサだったと思っています。

最初は分け目の地肌が目立ってきたり、
髪型がなかなか決まらなくなってきます。

それは何故かというと、髪が減っているからではなく、
1本1本の髪が細くなっているからです。

良く『抜け毛が増えた』と言いますが、
健康な通常の太さの髪が抜けている場合はあまり心配いりません。

将来ハゲる可能性がある抜け毛は、
髪が細くなっている弱々しい抜け毛の場合です。

もし、そういった『弱毛』の抜け毛が増えてきた場合は要注意です。


薄毛治療は早ければ早いほど効果がある

髪が薄くなり出してすぐに適切な処置をすれば、
ほとんどの場合薄毛は改善されます。

AGAによる薄毛の症状は、
髪の毛をどんどん弱らせて髪の寿命を奪っていくことです。

通常、髪の毛は5、6年で生え変わると言われています。

その髪の毛の寿命のことをヘアサイクルと言いますが、
AGAが発症すると、ヘアサイクルが段々短くなり、
髪が成長しきる前に抜け落ちてしまいます。

薄毛を長年放置していると、ヘアサイクルが極端に短くなり、
いざ薄毛治療を開始しても、なかなか元のヘアサイクルには戻りません。

風邪などの病気と同じで、ひきはじめは風邪薬を飲めばすぐに治るのに、
一旦こじらせてしまうとなかなか治らないのと一緒です。


薄毛に気づいたら原因を突き止める

f:id:usugeman:20171117015900j:plain

髪が薄くなってきたと感じたら、
まずは薄毛の原因を知らなければ最善の処置はできません。

薄毛にもいろいろあり、
『AGAによる薄毛』
『ストレスによる円形脱毛症』
『不規則な生活などによる一時的な抜け毛』

など様々です。

AGAによる薄毛や円形脱毛症なら、
病院で検査を受ければすぐに分かります。

しかし、髪が薄いとの理由で病院に行くのが、恥ずかしいという人も多いでしょう。

今は病院以外にも、ネットを介してAGAの診断ができます。

早めの対応次第で、将来ハゲる可能性をなくすことができるのです。


薄毛に気づいた時に有効な手段

薄毛に気づいたら始めに、マッサージや市販の育毛剤でどうにかしようとすると思います。

もし、AGAによる薄毛なら、そのまま薄毛が進行していく可能性が高いと思います。

まだ、『髪の毛が少し細くなってきたな』程度なら、
ミノキシジル含有の育毛剤やプロペシアなどをおすすめします。

AGA治療薬の服用に抵抗があるなら、
『ノコギリヤシ』などのサプリメントでも、
AGAによる薄毛の進行を抑えることが出来ます。


ノコギリヤシはAGAによる脱毛を抑える

ノコギリヤシには、5α-リダクターゼを抑える効果があります。

5α-リダクターゼを抑制することにより、
AGAによる薄毛を引き起こすジヒドロテストステロンが過剰に発生するのを防止し、
AGAの進行を食い止めます。

医薬品ではなく天然の植物由来の成分ですが、
薄毛の進行が進んでない場合は有効だと思います。



他にも、アメリカで薄毛治療の特許を取得しているL-リジンが、
AGAによる薄毛治療に効果を期待できます。


スタイリングしながら薄毛を治す

f:id:usugeman:20171117020114j:plain

薄毛に気づいて間もないくらいなら、
スタイリング剤にミノキシジルが配合されている『[ドクターゼロ]ハイパフォーマンススタイリングジェル』がおすすめです。

ミノキシジル2%含有で、他にも育毛に効果的な成分が豊富に配合されている、
『髪を育てるスタイリング剤』です。

市販の育毛剤『リアップ』がミノキシジル1mg含有ですから2倍の濃度があります。

リアップを毎日使用するよりスタイリング剤で髪をセットしながら育毛出来るので、
育毛剤を使っている劣等感的なものは軽くなるでしょう。

スタイリング時に使用するということは使い忘れもなく、
育毛剤を使った後にマッサージをするなどの煩わしさがありません。

私の若い頃にこういう薄毛を改善出来るアイテムがあれば間違いなく使っていたと思います。

薄毛初期の頃の私は『髪が薄くなてきたことを認めたくない』そういう心理が働いて育毛剤すら拒絶していた時期がありました。


薄毛は治せるうちに治す

薄毛は放っておくと、いざ薄毛治療を始めてもなかなか改善しません。

長期間に渡って薄毛を放置していると、
毛根が死滅しまうこともあります。

毛根が死滅してしまったら、植毛くらいしか打つ手がなくなります。

そうならない為にも薄毛に気づいたら早めに対策を練り、
将来ハゲないように対処するべきです。

長年、薄毛を放置していた私は本気で後悔しています。

薄毛は治らないと思って諦めている人もたくさんいるでしょう。

薄毛は初期の対応次第でいくらでも改善することが可能であり、
治療方法さえ間違えなければ必ず治ります。

今は薄毛を治療するための治療薬もあり、
病院やクリニックなどで治すことが出来ます。

私もまだ、フサフサになるのを諦めるつもりはありません。

いつかこのブログで良い報告が出来るように育毛を続けていきます。