40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

生える育毛剤 フォリックスFR16の使用を開始しました


購入してから使わずに保管していたフォリックスFR16の使用を本日から始めようと思います。

実は少し前に届いてたのですが、あいにくインフルエンザでダウンしている時に届いたため、使用を断念しておりました。

今まではフォリックスFR15を使っていましたが、
前頭部、M字により効果を発揮すると言われているフォリックスFR16も併用していこうと思っています。

これがフォリックスFR16です。
↓↓↓
f:id:usugeman:20180118010844j:plain


容器はフォリックスシリーズ全て同じ形状になっています。

クリームタイプになっているため、液垂れがなくピンポイントで薄い場所にも塗れるようになっています。

フォリックスFR16の最大の魅力は、何と言っても既存の育毛剤の中でも最高濃度のミノキシジル濃度を誇ることです。

市販されている育毛剤のリアップがミノキシジル5%なので3倍以上になります。

ミノキシジル濃度が高ければ高いほど発毛効果が期待できます。

ミノキシジル濃度が高いということは頭皮への負担も大きいように思えますが、
フォリックスFR16は頭皮への負担を極力抑えられて作られています。

ミノキシジル配合の育毛剤の多くは、頭皮の副作用の原因となるエタノールとプロピレングリコールが配合されています。

しかし、フォリックスFR16はエタノールとプロピレングリコールが未使用です。

そのため、頭皮への刺激が少なく、痒み、炎症、ベタつきが抑えられており副作用の心配がほとんどありません。

使い心地にもこだわってあり、その他にも発毛、育毛を促進するために様々な工夫がなされています。


フォリックスFR16のテクノロジー

 

f:id:usugeman:20180117182401j:plain


フォリックスFR16に使用されている技術に『リポスフィアテクノロジー』があります。

リポスフィアテクノロジーで使用されているリポソームは、
自然な皮膚にあるラメラ構造とよく似た組織でできています。

リポソームにより、育毛成分が表皮の角質層を通過して皮膚のより深い層に浸透していきます。

また、リポソームに包まれた育毛成分は少しずつ時間差で浸透していくため、育毛効果が長時間に渡って持続します。

この技術は、育毛成分を肌に近い性質にして頭皮への浸透力を最大限に高めます。

要約すると、育毛成分の浸透率を最大限に高め、育毛効果を長時間持続させることができるということです。

フォリックスFR16の発毛力を検証

フォリックスFR16は最強の育毛剤だと私は考えています。

まずは1ヶ月程度使用してみてどれくらい前頭部に効果があるか検証してみたいと思います。

フォリックスFR15もかなり優秀な育毛剤で、発毛効果も確かなものがありました。

フォリックスFR16にはそれ以上の効果を期待して使用していきたいと思います。

もちろん、ブログで検証の結果を報告いたします。

1ヶ月程度でどれくらい目に見える効果が出るのか分かりませんが、期待して使用していきたいと思います。