40代男の育毛日記

薄毛治療開始からもうすぐ1年半、髪は蘇るのか?

髪の毛の材料ケラチンとは?

髪の毛を構成しているのはケラチンと呼ばれるタンパク質が90%を占めます。

AGA治療薬を服用して進行を止め、ミノキシジルで発毛促進しても、
髪の毛の材料になるケラチンが不足していると、なかなか髪は成長してくれません。

ケラチンが不足しないように、しっかりと髪の毛に必要な栄養素を摂ることが育毛にとって必要です。

髪の毛の材料となるケラチンはどうやって摂取すればよいのでしょうか?

順を追って説明していきます。


ケラチンは18種類のアミノ酸から出来ている

ケラチンは食事などの外部から直接摂取することは出来ません。

何故なら18種類のアミノ酸から出来ているのです。

摂取したタンパク質をアミノ酸に分解して、そのアミノ酸をまた合成して体内でケラチンを作り出さなければならいのです。


ケラチンを作るためにはビタミンと亜鉛が必要

タンパク質をアミノ酸に分解する時に必要な栄養素がビタミンBです。

ビタミンBの役割は効率良くタンパク質をアミノ酸に分解することです。

今度はアミノ酸をケラチンに合成する時に必要なのが亜鉛です。

亜鉛が不足するとケラチンを作り出すことが出来ません。

また、ケラチンの合成に使われる亜鉛は優先順位が低く不足しやすいと言われています。


健康な髪を育てるために

タンパク質をしっかり摂って髪の毛の材料を絶やさない

ビタミンBはタンパク質を髪の毛に必要なアミノ酸に分解するために必要不可欠

アミノ酸をケラチンに合成するために必要な亜鉛は不足しないようにする

タンパク質、ビタミン、亜鉛、この3つの栄養素をしっかり摂ることで健康な髪を育てることができます。

薄毛が進行している人ほど髪の材料は絶やさないようにしたいものです。

血行を良くしたり抜け毛の原因を抑えても、髪の材料が不足していたら元も子もありません。

日々の食事でしっかり摂取するのが一番ですが、足りない分はサプリメントに頼るのもありだと思います。